プレゼンテーションスキルで相手を説得させる!

プレゼンテーションとは人前で新製品・新企画・学術的・仕事や業務の成果だったり、何かを発表したりすることですよね。

 

ビジネスにおいてのプレゼンテーションは仕事においては
必須の能力にもなってくるのかもしれません。

 

発表といっても単なる発表会、ビジネスにおいてのプレゼンテーションとあります。
どちらも同じような感じがしますよね。

 

発表会の目的は…

わかりやすく解説して、自分の考えや思いを伝える、
聞き手に理解してもらうこととなります。

 

ビジネスにおいてのプレゼンテーションの目的は…

聞き手に対してわかってもらい、相手に理解してもらい、
意図したとおりに動いてもらうこと。

相手が動いてもらわなければプレゼンが成功したといえないので、
「プレゼンテーションに始まり、プレゼンテーションで終わる」
といってもいいくらい大きな役割となります。

 

プレゼンテーションは相手を説得することでその役割は…

・相手に理解してもらう:相手の立場・経験・知識・レベルにあった内容にする
・相手に納得してもらう:相手が利益があると思ってもらうことができる内容にする

 

プレゼンテーションで相手をうならせるのに必要なポイントは3つ!

・準備の重要性

プレゼンが得意な人・苦手な人がいるかと思うのですが、
得意な人は十分に準備をしています。

発表の練習・内容の練り直しを行うだけで、差を付けることができます。
そうすることで、緊張も減らすこともできるので、プレゼンの論点もまとまり、時間内に終わり、質問も臨機応変に対応する事が出来るようになります。

 

・明確な組み立てで論理的に

プレゼンをするときには最初に結論→背景・理由を論理的に説明をしていきます。
そうすることで言いたいことが伝わるというメリットがあります。

そして、理由や背景では結論を明確に導くために、
具体的に事例や数値を活用するといいようです。

論理的にプレゼンを行うと、発表内容に説得力が出て、
内容も理解しやすくなります。

 

・聞き手の心をつかむ

聞き手の心をつかむには声ははきはきとし、相手の顔をみて、
さわやかな態度で話すようにして好印象を与えるようにしましょう。

そうすることで、聞き手の心がほぐれて、自分の主張に引き込むことができます。

 

プレゼンが苦手な人は上手な人の真似をするようにしましょう。
それはその人のプレゼンに引き込まれているということになります。

 

プレゼンテーションは人を動かすためのもので、
そのための仕組み作りが大切となります。

ページのトップに戻る